腸内環境を綺麗に浄化しましょう|腸内を超元気に活性化

笑顔のレディー

自分に合った乳酸菌

お腹

腸内の環境を良くする

腸内環境を良好に保つには、善玉菌が大きく関わっています。善玉菌は、腸を活性化させる効果があります。取り入れるとお通じが良くなり、便秘も解消されていくそうです。腸内環境が良くなることで、体の中に溜まっている不要な毒素も排出されやすくなります。余分な水分も排出され、むくみも改善されていくそうです。腸内環境が良くなると、ニキビもできにくくなります。肌トラブルがおきにくい健康的な肌へと導きます。善玉菌と悪玉菌はバランスが大切です。悪玉菌にもきちんとした役割があるので、どちらが増え過ぎてしまっても健康とは言えません。バランスを保つには、乳酸菌を積極的に取り入れることが大切です。乳酸菌はたくさんあるので、自分の体に合ったタイプを選ぶようにします。

ストレッチも大切

「善玉菌」は腸内の環境を良くするほかにも、悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。悪玉コレステロールとは、血栓が詰まる原因となる物質です。血栓が詰まると、脳梗塞や動脈硬化をおこしてしまうおそれもあります。善玉菌を増やすことで、これらの病気に負けない丈夫な体へと導きます腸内環境を良くするために食事に気を使うことも大切ですが「ストレッチ」も効果的です。腸を伸ばしたりぜん腸運動が活発になるストレッチを行なうと、腸内が活性化されて全身のめぐりが良くなります。小まめに「ミネラルウォーター」を取り入れることも大切です。良質な水分を摂取することで内臓の機能もアップし、腸内環境がいっそう良くなります。